1分で分かる!?穴吹調理製菓専門学校の特長

お問い合わせ
アクセス

高度調理学科 2年制 男/女

就職実績

穴吹カレッジだから実現できる学びのポイント

  • 「西洋料理」と「日本料理」 の専攻に分かれ専門的に学べる
    1年次は調理全般の基礎を学び、 2年次から自分の将来を意識した専攻分野を学びます。
  • 専攻に分かれても中国料理、給食調理を学べる
    中国料理と給食調理は共通実習として幅広い分野に対応した技術が身に付きます。
  • 料理だけでなく、デザート菓子も学べる
    デザート技術も身に付き、コース料理全般を学ぶことができる。将来オーナーシェフをめざすこともできます。
  • 時間をかけ技術を磨きながら将来を考えることができる
    2年次から就職活動を行うため、1年次は授業に集中し、技術を高めることができます。
高度調理実習 高度総合実習 フードサービス論 卒業制作
高度調理実習
1年次の調理技術を元に、西洋・中国・日本など各国の料理をさらに奥深く幅広く学びます。2年次は西洋料理・日本料理の専攻実習に分かれて学びます。
高度総合実習
1年次に学んだ集団調理実習を基本に、さらにレベルの高い調理技術や応用力を学びます。
フードサービス論
レストランやホテルなどの「食」のサービス全般を学べる授業です。
会話技術など、ホスピタリティの大切さを学びます。
卒業制作
学んだことの集大成をここで表現。西洋・日本・中国料理部門の希望別に分かれそれぞれのテーマで、料理を創作し独創的で夢のある料理を器の上に表現します。
実習年間計画(1年次)

Student's Voice

  • とにかく時間をかけて基礎を極めたかったので、高度調理学科を選びました!
    私が2年制を選んだ理由は、まず料理の基礎をしっかりと学びたかったからです。学校を卒業して調理師として仕事を始めたときに、いきなり第一線で活躍することは難しくても、基礎がしっかりとできていることで、新人として認めていただけると私は思います。実際に実習では、ひとつの調理法を何度か繰り返し練習するので、しっかりと身に付きます。また2年目には、日本料理と西洋料理の専攻を選べるので、そこでさらに自分の習得したい料理の技術を高めることができます。

    中村 享平さん(師友塾高校 出身)

目指す就職 目標とする検定・資格 就職先
  • オーナーシェフ
  • ホテルシェフ
  • レストランシェフ
  • パティシエ
  • フードコーディネーター
  • 食育インストラクター
  • ギャルソン

etc.

  • 専門士
  • 調理師免許(国家資格)
  • 技術考査合格証
  • 食品技術管理専門士登録証
  • フードコーディネーター 3級
  • レストランサービス技能検定 3級(国家資格)
  • 食育インストラクター

etc.

  • ホテル
  • レストラン
  • 日本料理店
  • 中国料理店
  • ケーキ店
  • 給食調理

etc.

ページトップへ